太陽光発電の補助金を受けるには

個人宅で電気エネルギーを生み出す事が出来る、ソーラーパネルを利用した発電が注目を集めています。
初期の設備投資さえ済ませてしまえば、後は普通に生活していくだけで、電気代を大幅に賄っていく事が出来ますし、余った電力を電力会社に売る事で設備費用を回収する事が出来ます。
こうした点から、新築は勿論、屋根の改修を機にソーラーパネルを設置する家庭が増えています。
また、太陽光発電には補助金制度が設けられていることも、需要が伸びる要因となっています。
この補助金を受けるには申込が必要ですので、ソーラーパネルの設置を検討している方は事前に申込方法をチェックしておきましょう。
補助金の申込は工事の施行前に行わなければなりません。
補助金の申込書は太陽光発電普及サイト等でダウンロードする事が出来ます。
申込書の他にも必要な書類はあるので、上記のようなサイトで確認しましょう。
書類が揃ったらコピーをとっておき、書留等の対面配達が行われる方法で受付機関に送付します。
書類に不備が無ければ後日、受理決定の通知を受け取る事が出来ます。
補助金を受ける場合、実際の工事を開始できるのは、この受理決定通知書を受け取ってからになります。
また、設置工事費控除の申請を行った場合は、工事を行う前後の写真が必要となる場合がありますので、問い合わせておくと良いでしょう。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) エネルギーの歴史と太陽光発電のもたらす未来 All Rights Reserved.