ソーラーパネルの選定について

ソーラーパネルが日本中の屋根を覆う、そんな未来はすぐそこまで来ています。
エネルギー問題がニュースをにぎわす中で、電気エネルギーの生産について日本中が注目していると言えます。
個人宅で出来る電気エネルギーの生産が消費者の関心を集めるのも当然の事でしょう。
中でも太陽光発電は太陽エネルギーという、生物にとって恒久的なエネルギーを使った発電は環境に対する影響の少なさから、最注目のエネルギーシステムだと言えるでしょう。
太陽は現在46億歳と言われています。
その寿命は100億年程で、あと50億年程は活動してくれます。
言い換えれば、太陽の寿命がくれば地球も生命が住めない星になります。
地球に暮らす人類にとって、太陽は運命を共有する、正に恒久的なエネルギー源だと言えるでしょう。
さて、ソーラーパネルにも色々な家電メーカーが製品を供給しています。
東芝やパナソニック、三菱といったおなじみの家電メーカーから、カナダや中国のソーラーパネルも日本で使用されています。
各メーカーの特徴としては、東芝は軽量コンパクトなパネル設計で設置スペースが限られている場合でも利用しやすくなっています。
パナソニックは発電の変換効率の高さが売りです。
炎天下にも強く、高い発電量をキープしてくれます。
カナダのソーラーパネルは低価格が魅力です。
豪雪に強いことから東北や北海道などでの使用にも適しています。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) エネルギーの歴史と太陽光発電のもたらす未来 All Rights Reserved.