太陽光発電のもたらす未来

平安時代の和歌にも詠まれるように、人間の命というのは儚いものかもしれません。
ですが、子々孫々と人類の文化や暮らしは受け継がれています。
現代に生きる私たちが、子孫の為に残せる事とはどんなことでしょう。
人類は地球の資源を浪費する事で発展を遂げてきました。
その地球の資源も限りがあります。
将来の人類がエネルギーに困らない為にも、豊かな自然を保つ為にもエネルギーに関する開発は最重要課題だと言えます。
ところで、皆さんの住む住宅やご近所の屋根にはソーラーパネルは設置されているでしょうか。
環境問題をクリアして、電力供給を賄う事の出来る太陽光発電は、次世代に引き継いでいく事の出来るクリーンエネルギーの代表です。
家庭や建造物の屋根だけではなく、遊閑地にソーラーパネルを設置することで、電力の生産は可能です。
もし、利用していない土地があれば、将来へエネルギーをつないでいく為の施設としてソーラーパネルを設置してみては如何でしょうか。
1メガワットを超える電力を発生する事が出来る太陽光発電をメガソーラーと呼びます。
現在、日本全国で80ヶ所程のメガソーラーが存在しています。
メガソーラーが増える事で、安全性が高く環境に優しいエネルギー源を確保する事が出来ます。
未来の人類のための投資として、太陽光発電は大きな意味を持っていると言えるでしょう。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) エネルギーの歴史と太陽光発電のもたらす未来 All Rights Reserved.