家庭で出来る太陽光発電

私たち人間の暮らしには電気エネルギーの存在が欠かせません。
明治15年、銀座に日本初の伝統が灯りました。
以後、大正から昭和へと時代が移る中で、ラジオの普及や百貨店でのエレベーターの稼働といった電気の利用が増えていきます。
特に日本における電気の需要が爆発的に伸びたのは、第二次世界大戦終結後のことです。
戦後の復旧から経済成長を支えて来たのは娯楽の存在です。
テレビの普及は日本国民が日常的に触れられる娯楽を提供してきました。
洗濯機や冷蔵庫、掃除機、エアコン等の電化製品の普及で暮らしは便利になり、もはや電気なしでは暮らしは成り立たない程になったのです。
さて、現代では家庭で出来る発電が注目を集めています。
特に、東北での大震災が起こってからは、いざという時の電力を家庭で確保できる様にしたいという声が増えているのです。
そんな中で需要が伸びているのが太陽光発電です。
太陽エネルギーを利用する発電は、何と言っても環境に対する影響が少ない事が魅力です。
ガスを使った発電も盛んに宣伝されていますが、ガスという人工的な元手が必要な事を考えると、太陽光の方がより経済的で、環境を汚染する要素が無いと言えるでしょう。
また、太陽光発電はソーラーパネルを屋根に設置すれば良いので、場所をとりません。
これからのエネルギーを支えるエネルギー源としての期待が高まっています。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) エネルギーの歴史と太陽光発電のもたらす未来 All Rights Reserved.